ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOME事業紹介化学,放射能・放射線に係わる研究開発

化学,放射能・放射線に係わる研究開発

 原子力発電所等における作業員の放射線による被ばく低減、放射能閉じ込め、放射性廃棄物の処理・処分、放射線測定などに関する各種研究・開発を行っています。

  • PWRプラントの放射線被ばく低減を図るため、その被ばく線源であるクラッド(放射線を発する配管等の腐食生成物)などの性状調査、および線源低減のための方法として亜鉛注入、溶存水濃度管理など水質管理技術開発を行っています。
  • 原子力施設の運転に伴い発生する、或いは原子力施設廃止時に発生する放射性廃棄物の放射能分析技術の開発や、放射性廃棄物を地中に埋設した時に放射性物質がどうのように地中を動くかの研究を行っています。
  • 将来、原子力施設を廃止した時に大量の発生が予想されるクリアランスレベル対象物(放射能がないと考えられる廃棄物)の測定装置の開発・製作を行っています。また、ウランに汚染された廃棄物のための測定装置(容器内ウラン非破壊測定装置、アルファ識別装置)の開発にも取り組んでいます。

放射性廃棄物処分環境(還元性地下水)での
各種金属の腐食速度測定(例)
歪みを計測中の燃料集合体
雰囲気制御型グローブボックス

ページのトップへ戻る