ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOMEトピックス2015年度燃料ホットラボ施設での火災について

燃料ホットラボ施設での火災について

 平成27年12月17日(木)午前10時7分に燃料ホットラボ施設内の電気室(管理区域外)の火災報知器が発報し、電気室内の高圧盤からの発煙を確認しました。消防へ出動を要請すると共に、社員による消火活動を行い、10時38分に消防により鎮火が確認されました。鎮火後に現場を確認したところ、高圧盤内の一部が焼損していました。
 当該事象発生後も施設の排気(排気口)モニタ及び環境モニタ(モニタリングポスト)の値は通常時と比べて変化が無く、周辺公衆及び外部への影響はありませんでした。
 当該事象による負傷者、被ばく者は無く、また、施設の安全性に問題はありません。
なお、火災発生により施設が停電しましたが、非常用発電機により施設の安全確保に必要な電力の供給が行われ、その後、商用電源への復旧が完了しました。
 
今後、火災の原因を究明し、再発防止に努めます。

ページのトップへ戻る